*

2018年5月

ニキビと洗顔の関係について

今回はにきびと洗顔についてお話していきますね。以前にもお伝えしていますが、にきびには洗顔が大切であるということはお話ししましたが、洗顔といっても単に普通に水だけで洗顔すれば、にきびを予防できるというわけでもありません。

にきび予防のための洗顔というのは、にきびに効果のある、低刺激の洗顔料などを選ぶ必要もあります。にきび用の化粧品も今は色々と販売されています。

ケミカルピーリングはにきび治療として美容外科などで取り入れられていることですが、ケミカルピーリングが自宅で手軽にできる石鹸なども今は販売されていますから、そちらを使ってみるというのも効果的だと思います。


にきびのための正しい洗顔方法について、ここで紹介したいと思います。まず石鹸を直接使うのではなくて、泡ネットなどを使って、しっかりと泡立てましょう。そして十分に泡立てたら、その泡で包み込むようにして顔を洗いましょう。ごしごしきつく洗顔する必要はありません。

ごしごし洗えば、肌を傷つけてにきびを悪化させてしまうこともありますので、優しく洗い上げてください。乾燥肌の人は特に優しく洗顔しなければいけないと思います。


これが正しい洗顔の方法ですが、しっかりとすすいでおかなければ、にきびの原因になりますし、にきびを悪化させることにもつながりますので、その点も十分に注意しておきましょう。

にきびが出来やすい人は、こまめに顔を洗顔して清潔な肌の状態を保つことも大切です。洗いすぎは逆に肌へダメージを与えることになるので適度に洗いましょう。

特に目元は同じ顔のパーツの中でも、皮膚がすっごく薄いんです。ですからよほどコマメに保湿をしていかないとすぐに皮膚が乾いてしまいます。

皮膚が可愛いていくとどうなるかと言うと、シワになっていくんですよね。ですから目元にシワが多い女性って言うのは保湿が足らないという事なんです。

今回は顔の中でも特に目の周りは保湿が必要であると言うことをお伝えしました。